Tel.0798-67-8660

スタッフブログStaffblog

2020/12/15

歯ぎしり・くいしばりについて

「歯ぎしり」は、家族やまわりの方に指摘されて気づくことがあるかと思いますが、「くいしばり」はなかなかご自身で気付くことができないのではないでしょうか?そもそも、歯ぎしり・くいしばりをしているとどんな問題が起こるかですが、歯がすり減ってしまったり(摩耗)、顎の関節に負担がかかって顎関節につながることがあります。

歯ぎしりやくいしばりの主な原因としては、ストレスが考えられます。特にくいしばりは、何かに集中したときや、頑張り屋さんに多い傾向があります。歯ぎしりは無意識下で行うため、意識的に改善するのは難しいですが、原因となっているストレスを減らすことが大切です。

くいしばりは、少しずつ意識をして減らすことが可能です。例えば、時計や携帯など、よく目がつくところに、「力を抜く」とポストイットを貼って、見るたびに上下の歯を離すようにしてみてください。そのようにご自身で自分なりに続けられそうなルールを考えて、改善できるようにしていただいたり、マウスピースを装着して歯や顎の関節を守ることが必要です。

<< >>