虫歯菌と歯周病菌 | 西宮【長谷川歯科医院】のスタッフブログ

Tel.0798-67-8660

スタッフブログStaffblog

2019/01/08

虫歯菌と歯周病菌

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

正月休みも終わり、仕事が始まってお忙しくおすごしの方も多いと思います。 忙しいとどうしても、生活の中での歯科の優先順位は低くなってしまいます。

それに加えて、「虫歯になりにくいし大丈夫~!」と更に優先順位が低くなる方もおられるのではないでしょうか? しかし、虫歯になりにくいということだけでは安心できません。 歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病です。 そのため虫歯だけではなく、歯周病からも予防していく必要があります。

実は、虫歯菌と歯周病菌には関係性があり、
・虫歯になりにくい方は歯周病になりやすく
・歯周病になりにくい方は虫歯になりやすい
のです。

まず虫歯菌ですが、虫歯菌は酸をつくることで虫歯のきっかけをつくります。 そのため虫歯菌は耐酸性で、酸性の環境で生きることができます。 次に歯周病菌ですが、歯周病菌はアルカリ性の環境で生きることができる菌のため酸性の環境(虫歯が多い方)の中では生きていけません。

したがって、虫歯になりにくい方は歯周病になる可能性が高く、 歯周病になりやすい方は虫歯になる可能性が高いということです。 そのため、文頭でお話ししていた「虫歯になりにくいし大丈夫!」だと思われている方でも歯周病に罹患する可能性があるため歯科医院への定期検診やクリーニングが必要になります。

体が健康でも健康診断に行くことで病気から予防し健康な状態を保つのと同じように、 お口の中に問題がないと感じておられても、歯の定期検診に行き健康なお口を保つ習慣をつけられることが大切です。

<<