インプラント治療の流れを詳しく説明

Tel.0798-67-8660 9:30〜12:30 / 14:30〜19:30(水・土は17:30まで)休診日 : 日・祝日

治療の流れFlow of treatment

インプラント治療の流れ

インプラントにしたいと受診しても、すぐに治療を行うことができません。
安全に治療を行うために十分な検査が必要になるほか、歯周病がある場合には事前に歯周病治療を行う必要があります。

いくつかのステップを踏んで、インプラント治療は完成します。

  • 1) 診断・診察

    虫歯や歯周病の有無や噛み合わせなど口の中の状態、顎の骨などの状態を把握するため、レントゲン撮影・CT撮影・(口の中の)型取りを行います。

  • 2) 一次手術

    1次手術は、インプラント体を顎の骨に埋め込む手術です。
    麻酔をしてから、歯肉を切開・剥離し、ドリルで骨に穴をあけ、インプラント体を埋入します。
    仮の蓋をインプラント体に装着して、歯肉を元に戻して縫合し、手術が終了となります。(2回法の場合)

    2回法ではインプラントとアバットメントが歯肉の下に隠れている状態になりますが、1回法ではアバットメントと人工歯根が一体化したインプ
    ラントを使用し、手術終了時はアバットメントが歯肉の上に露出した状体になります。
    (アバットメントが露出しているので2次手術は必要なく、骨とインプラントが結合したら、そのまま人工歯を装着することが可能です)

  • 3) 二次手術

    2回法では、アバットメントを装着するための2次手術が必要になります。
    治癒期間が終了したら(インプラントと骨が結合したら)、麻酔をして歯肉を切開し、アバットメントを露出させ仮のアバットメントから本番のものに換えます。
    2次手術は、「手術」ではありますが、1次手術よりも体にかかる負担が少なく、治療時間も短いです。

  • 4) 仮歯装着

    治療による歯肉の傷が治ったら、仮歯を装着します。仮歯を使用しながら、噛み心地や審美性、使用感などをチェックします。

  • 5) 本歯の装着

    仮歯を使用いただきながらデータを取得し、それを元に本歯(最終的な人工歯)を作成します。完成した本歯を装着して治療が終了します。

インプラント後のメンテナンス

インプラント治療が完了したからといって、その後のメンテナンスを怠ると口腔トラブルを招きやすくなります。インプラントを長く使っていただくために、適切な口腔ケアと定期的な検診が大切です。
患者様ご自身での正しいお口のお手入れと、半年に一度は歯科医院での定期検診を受けるようにしてください。