西宮北口で入れ歯は長谷川歯科医院へ

Tel.0798-67-8660 9:30〜12:30 / 14:30〜19:30(水・土は17:30まで)休診日 : 日・祝日

入れ歯Denture

入れ歯が合わない・煩わしい

製作時に合っていなかったり、咀嚼力(噛む力)がなくなり歯茎がやせたことで合わなくなったり、入れ歯が合わない原因にはさまざまな理由が考えられますが、一つ言えるのは、今日の保険診療で作製できる入れ歯の素材は本当によくありません。
歯抜けを放置するよりはマシですが、自費の入れ歯をせめて保険適応にすれば、患者さんにとっても欠損部を補う重要な治療になるのですが・・・。
このあたりお国はもう少し国民のことを考えてほしいと切に願います。

入れ歯を入れなければならない理由をしっかり考える

防げるはずのことを防げなかった・・・。
やはり入れ歯になるまでの過程(生活習慣や口腔衛生に対する知識、メインテナンス)を見直してほしいです。まず「なぜ入れ歯になったか」を考えることが、治療の前に行う大事なステップだということをご理解頂きたいです。結果、入れ歯治療のあとのお口に対する意識が変わるからです。
この原因除去の考え方はすべての健康にあてはまります。

ここからは入れ歯のあたりさわりない説明です。

入れ歯の種類

歯を失った時の治療方法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどがありますが、入れ歯による治療方法は多くの症例で適応します。
連続して複数の歯を失った場合など、ブリッジで対応できない場合だけでなく、1本以上の歯を失った場合に義歯による治療が可能です。
失っている歯の本数によって、適応となる入れ歯の種類は異なります。

■ 部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯は、歯槽膿漏などで歯を失った個所に人工の歯がついた床(土台となる部分)を乗せ、残った歯にバネ(クラスプ)をかけて固定させるものです。

保険適用の部分入れ歯は、レジン(プラスチック)床になります。
部分入れ歯は、歯が1本でも残っていれば、対応することができ、ブリッジより、クラスプをかける歯を削る量が少ないこともメリットの一つです。
その一方、クラスプが見えてしまったり、装着時に違和感があったりといったデメリットもございます。
保険外治療には、クラスプが付いていないものや金属床など、様々な種類がございます。

■ 総入れ歯(総義歯)

歯が1本も残っていない場合は、総入れ歯となります。
総入れ歯は、顎に合った形状になっていないと、不安定になってしまいますし、痛みを感じたりします。

また、柔らかい歯茎の上に乗せるため、型をとることも難しい技術のひとつであります。現在は、保険適用外の総入れ歯なら義歯床の材質を変えることで、より安定した総入れ歯を製作することも可能です。

保険の入れ歯

■ レジン床義歯

もっともスタンダードな保険適用の入れ歯です。
プラスチック素材で出来ていて厚みのある入れ歯のため、熱伝導が鈍く食事時に違和感がございます。
金属アレルギーを起こす心配がなく、保険適用のため比較的安価で作ることができます。

自費の入れ歯

■ コバルトクロム金属床

床部分がコバルトクロムという金属でできており、保険の入れ歯よりも薄くなります。
そのため、違和感が少なく熱も伝わり易いため食事の温度感覚も自然に近くなります。

耐久性に優れていて長くお使い頂けますが、金属で出来ているため、修理が難しい場合がございます。
金属アレルギーを起こしやすく保険適用外のため高価となりますが、金属床の入れ歯では、最もお手頃な費用で作れる入れ歯です。

■ チタン床

床部分にチタンという生体融和性に優れた金属を用いた入れ歯です。
チタンはインプラントにも使用されている、金属アレルギーを起こしにくい安全な素材です。

金属床の中でも最も薄いので違和感が少なく、食事も美味しくいただけます。保険の入れ歯に比べ、汚れがつきにくく清潔を保ちやすくもあります。保険適用外のため、費用は高くなってしまいます。

■ 金床

その名の通り、義歯の様々な部分に金が使われている入れ歯です。
金は、金属の中でもアレルギーをお越しにくい金属であり、体に負担をかける心配は少ないです。
熱伝導に優れているため、おいしく食事をいただけます。
また、薄くつくることが可能なので、違和感が少なく装着感に優れているというメリットもあります。

入れ歯に関するQ&A

入れ歯の寿命を教えてください

入れ歯は合わなくなったり、入れ歯が使えなくなったりした場合、新たに作りかえる必要があります。 義歯が使えなくなったり合わなくなったりするのには、骨吸収・残っている歯の健康状態・顎の状態などが影響しますので、患者様によって異なると言えるでしょう。
噛みにくい・噛むと痛いなど、入れ歯による不具合が日常的に続く場合には、早めにご相談ください。

30代ですが入れ歯にしたくありません。
他に治療方法はありませんか?

入れ歯になることに抵抗がある人も少なくありませんが、入れ歯の方がブリッジにするよりも、健康な歯の削る量を抑えられるといメリットがあります。
ブリッジが適応とならない場合は、インプラントによる治療が可能でしょう。

入れ歯が外れることが心配で、人前で話をすることや食事ができないのですが…

入れ歯が不安定ならば、一度ご相談ください。
顎の骨が痩せたりすると入れ歯が合わなくなりますが、合わない入れ歯を使い続けるとさらに骨吸収を促進させてしまうため良くありません。
また、ミニインプラントを使って入れ歯を固定する方法もあります。